インキュベ日記

書評3100冊・漫画評5700冊・DVD評500枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

馬場康誌『ライドンキング』1〜3巻

プーチンを思わせる武闘派の大統領が、ある日、異世界に転生! というありそうでなかった設定。

この武闘派大統領は、人並み外れた体力と体術を持っている上、気合を入れると異世界で言う「魔力」を膨大に出力することができる、という謎チート能力を持っている。それでいて、金も名誉も不老不死も要らず、ただ強大な敵に挑んでそれを乗りこなしたいという強い思いがある……だから異世界で生息する竜だのケンタウロスだのを乗りこなしたい、とまあそういうお話。

まあ作者は、そんなこたぁどうでも良いから筋肉を描かせろ、と思ってるかもしれん笑

続きが楽しみな漫画がまたひとつ増えた。

遠藤達哉『SPY × FAMILY』2巻

SPY×FAMILY 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

SPY×FAMILY 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

父はスパイ、母は殺し屋、娘は超能力者(相手の心が読める)。

父は、敵国の要人に近づくために名門校に娘を入学させる必要があり、家族が必要だった。

母は、良い年をして結婚しないことで周囲から疑われるリスクを避け、殺し屋稼業を続けるため、家族が必要だった。

娘は、劣悪な施設から抜け出し、わくわくする毎日を送るために、家族が必要だった。

それぞれがそれぞれの出自や目的を隠し、かりそめの家族を作り上げる……そんな物語。

とはいえ母は天然キャラ寄りで、娘は(相手の心は読めるけど)頭が良いわけではないため、全体としてはコメディ寄りのドタバタ劇。

作画・ストーリーともに安定しており、安心して読める。

藤本タツキ『チェンソーマン』4巻

チェンソーマン 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

チェンソーマン 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

デビルハンターとして借金取りにこき使われていたワープア主人公が、色々あってお供に連れてた悪魔と合体して、その名の通りチェンソーマンになって、今度は公僕の犬となってデビルハンターの稼業を続けるというアウトライン……だったんだが、なかなか展開が早い。4巻にして、当初のお仲間がほとんど死んでおり、主人公は明らかに今の自分では勝てない敵に挑むため(というか3巻でボッコボコされた)、特訓のようなものをする。が、それも雑。そして雑なまま敵陣に突入するような感じに。

ざらついた絵柄、光るコマ割りやカメラワーク、絶妙に感情移入させてくれないキャラクター、そして上記で書いた予想のつかない展開……これはジャンプらしからぬ傑作だ。しかも王道っぽさもちょっとだけあって、これがまた絶妙なバランス。ジャンプは陣容が厚いというか、懐が深いというか。

5巻も気になるなー。

山田胡瓜『AIの遺電子 RED QUEEN』5巻

AIの遺電子 RED QUEEN 5 AIの遺電子 RED QUEEN (少年チャンピオン・コミックス)

AIの遺電子 RED QUEEN 5 AIの遺電子 RED QUEEN (少年チャンピオン・コミックス)

あれ、完結してしまった。

『AIの遺電子』では、人間、人間と同じような心と権利を有して生きているヒューマノイド、人間やヒューマノイドに仕えるロボット、ヒューマノイドやロボットを生み出した超高度AI、という4つの知的存在がいるという設定の下、主人公はヒューマノイドを専門とする医師として一話完結式の物語を(良い意味で)大量生産していた。その後、『AIの遺電子 RED QUEEN』として、国家レベル・民族レベルでの非常に大きな物語を展開し始めたんだが、正直なところRED QUEENについては風呂敷を広げるのも畳むのもやや失敗したかなと思う。消化不良というかね。

まあ仕切り直して、また新しい作品を読ませてくれることを期待している。

桜井のりお『ロロッロ!』1〜5巻

同じ作者の『僕の心のヤバイやつ』があまりにも面白すぎたので、速攻でこの別作品も購入。

こっちは、友達のいない娘のためにマッドサイエンティストがロボットを作るが、誰もロボットだと信じてくれないという感じのプロローグ。ボケキャラだと思われたロボットが実はツッコミに回るなど、他のキャラが適度にイカレており、こっちも読んでいて楽しい。この作者のこと全く知らなかったが、めちゃくちゃ面白いな。

桜井のりお『僕の心のヤバイやつ』1〜2巻

僕の心のヤバイやつ 1 (少年チャンピオン・コミックス)

僕の心のヤバイやつ 1 (少年チャンピオン・コミックス)

僕の心のヤバイやつ 2 (少年チャンピオン・コミックス)

僕の心のヤバイやつ 2 (少年チャンピオン・コミックス)

こんな逸材、何で今まで気づかなかったかな……ってぐらい面白い。

主人公は典型的な中二病であり陰キャ男子な主人公は、嫉妬なんだかどうなんだか、とにかく学園カースト頂点の美少女にしてモデルでもあるヒロインの殺害を企てることになる。なるのだが、そこは陰キャ、実行になど移せるはずもなく、まずは相手をしっかり観察することに。するとヒロインが実は天然キャラだということが発覚し、主人公はヒロインから目が離せなくなってしまう……というプロローグ。

下ネタ混じりのギャグがかなりツボ。

何回読んでも笑えるなこれ。

続きが待ちきれん!

KAKERU『科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌』5巻

科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌 5 (チャンピオンREDコミックス)

科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌 5 (チャンピオンREDコミックス)

21世紀の日本から突然異世界に転生する、いわゆるなろう系の漫画。

主人公は、ごく一般的な知識や体力と、アラクネだのゴブリンだのといった亜人的な種族(以下、クリーチャー)に対する並々ならぬ関心(多くは性的な関心)を持っており、21世紀の知識や技術を武器にに取り入り、クリーチャーの生体研究を進めるとともに、クリ娘(クリーチャーの娘)でハーレムを作ろうとしている。一方、実は主人公の親友も同じ異世界に転生しており、こっちはオタクっぽい非常に強い自己コンプレックスと、物凄い格闘技術を持っており、結果として親友の方もクリ娘でハーレムを築き上げつつある……というのが、まあ大まかなアウトラインだろうか。

こういう体つきならこんな考え方をするだろうとか、こんな考え方ならこういう風習になるだろう、といった思考実験的な面白さがあるね。

ただ、コラムみたいなので自説をかなり詳しく語っており、何というか、作中で語ってくれんかなと思う。色々な設定があって詳しく紹介したい気持ちも、それを自己正当化したい気持ちもよくわかるんだが、作者の解説があまりにも多いと、読んでいる側はちょっと冷めるというかね。せっかく没頭しているのに。