インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

唐沢寿明『ふたり』

ふたり (幻冬舎文庫)

ふたり (幻冬舎文庫)

高校の教材にもなったらしく、世間の評価も高いようだ。以前は「スカした俳優が苦労を語る甘えたタワゴト」くらいにしか感じなかったが、斜に構えずに読めば、なかなか面白いと思う。世間で言われているほどの「感動」や「希望」を本書から受けることはないけれど、自分自身や周囲に対する唐沢寿明のイライラ感は、リアルに感じることができた。