インキュベ日記

書評3100冊・漫画評5700冊・DVD評500枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

三田誠広『天気の好い日は小説を書こう』

本書は三部作である「ワセダ大学小説教室」シリーズの1冊目である。「基礎編」に位置づけられている。シリーズを全て読み終えてから、全体的な感想は書くことにする。とりあえず「日本語」の定義には納得がいかない。