インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

茂木健一郎+NHK「プロフェッショナル」制作班『プロフェッショナル 仕事の流儀 7』

プロフェッショナル 仕事の流儀〈7〉

プロフェッショナル 仕事の流儀〈7〉

「プロフェッショナル」というNHKのドキュメンタリー番組(「情熱大陸」に似た、人物に焦点を当てている番組)の書籍化。本書で取り上げられている人物は、以下の3人。

羽生善治などはもうメディアで何百回と取り上げられているだろうが、改めて注目すると、やはり魅力と奥行きのある人間である。羽生善治は35歳だが、30歳を越えたあたりから、ここ一番の局面で「手が震える」ようになったそうである。武者震いではない。プレッシャーを感じてである。若くして頂点を極め、迷いが出てスランプに陥り、今また人生を賭けて将棋を極めんとする中で、今なお勝負の怖さと将棋の奥深さを感じているのであろう。求道者としての辛苦は常人である俺には想像しようもないが、あの集中力は見習いたい。