インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

重松清『卒業』

卒業 (新潮文庫)

卒業 (新潮文庫)

過去にこだわったり過度な感傷に浸ったりする粘着的な中年男性が出てくるのは相変わらず。重松清の小説はどれも安定して巧いんだけど、巧すぎてだんだん書くことがなくなってくるなあ。いや、面白いんだけども、ホンマに。