インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

海堂尊『チーム・バチスタの栄光』

チーム・バチスタの栄光

チーム・バチスタの栄光

現役医師の海堂尊による、第4回「このミステリーがすごい!」大賞受賞作にして、デビュー作。
ストーリーについてはAmazonから引用。

東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」を作り、次々に成功を収めていた。ところが今、三例続けて術中死が発生している。しかも次は、海外からのゲリラ少年兵士が患者ということもあり、マスコミの注目を集めている。そこで内部調査の役目を押し付けられたのが、神経内科教室の万年講師で、不定愁訴外来責任者・田口と、厚生労働省の変人役人・白鳥だった……。

血を見たくないから手術室から最も遠い心療内科を選び、出世レースから降りるために不定愁訴外来(通称・愚痴外来)を立ち上げた田口。ほとんど漫画のような饒舌キャラクターの白鳥。素晴らしい医者だが、完璧すぎて逆に胡散臭く、どこか秘密を隠し持っていそうなバチスタのスペシャリスト桐生。昼行灯の田口を疑惑の渦中に放り込む病院長・高階。その他の登場人物もそれぞれキャラが立っており、これはかなり面白い。
ただ本書はいわゆる推理小説やサスペンスというカテゴリーには含まれないだろう。広義のミステリーとでも言うべきか。推理モノに明るくない門外漢である俺でも、このトリックはヒネりのないものである。ミステリ原理主義者なんて人種がもし存在するならば、そういった人にはオススメできない。ただ俺はいわゆる推理小説の類をあまり好んで読む方ではないため、こういったヒネりのないトリックも逆にありがたかった。