インキュベ日記

書評3100冊・漫画評5700冊・DVD評500枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

キャメル・ヤマモト『グローバル人材マネジメント論』

グローバル人材マネジメント論―日本企業の国際化と人材活用 (BEST SOLUTION)

グローバル人材マネジメント論―日本企業の国際化と人材活用 (BEST SOLUTION)

ワトソンワイアットで頭角を現し、現在はデロイトで働いている著名コンサルタント。どちらかと言えば『稼ぐ人、安い人、余る人』などの「柔らかい」本を書くことが多いが、本書はわりと生真面目な本である。ただ、学術的というわけではなく、かなり読みやすい。個人的には、人事マネジメント一般にも通じるような点と、グローバル人事に特有に見られる点を、もう少し明確に分けてほしかった。