インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

古屋兎丸『Palepoli』

Palepoli

Palepoli

古屋兎丸という人はブッ飛んだギャグ、落涙必死の繊細な物語、凄惨な描写等、触れ幅のデカい描写が凄いのだが、これは古屋兎丸のデビュー作。発売当初にチェックした時はビビった。もうデビュー作から完全にイッちゃっている。くだらないギャグのためだけに超絶画力を用いるという意味では『無限の住人』の沙村広明にメンタリティやアプローチが似ているのかもしれん。