インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

綾辻行人『十角館の殺人』

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

新本格ミステリの傑作とされる、綾辻行人のデビュー作。
いわゆるミステリと呼ばれるものはほとんど読んだことがなく、ましてや本格・新本格ともなると、もうほとんど一冊も読んだことがないと言って良い。本書は、Amazonのリコメンドでよく推薦されたため購入してみたのだが、予想以上に面白かった。ミステリについては、なぜか常識外れに長いページ数&小難しい文体という先入観を持っていたが、ページ数はともかく文章は非常に読みやすい。そして心理描写を巧みに避けて誰が犯人かわからないようにしているし、文章を上手く調整して、ページをめくった1行目にトリックのオチが来るようになっていた。
肝心のトリックも全く想像していなかったもので、読後の感想はまさに「驚き」という他なく、凄く楽しませてもらった。大満足。綾辻行人については他の本も読んでみたいなー。