インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

東野圭吾『どちらかが彼女を殺した』

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)

プロットは実にシンプルかつありきたりで、容疑者も早くから二人に絞られるのだが、どちらが犯人なのか、読者も物語の主人公もなかなか決め手を得られない。それどころか最後まで読んでも読者には犯人の名前が明かされないのである。
袋とじの解説もあるのだが、ここを読んでも明確に犯人の名前は書かれていない。
俺は解説まで読んで犯人の目星はつけたが、それでも最後はネットで検索して、やっと安心した。なかなかの面白さ。