インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

赤名修+真刈信二『勇午 台湾編』3巻

勇午 台湾編(3) (KCデラックス イブニング)

勇午 台湾編(3) (KCデラックス イブニング)

成功率97.4%を誇るフリーの交渉人・別府勇午による社会派ストーリー漫画。Wikipediaを読んでいて気づいたのだが、ほぼ全てのシリーズにおいて、交渉の過程で勇午が拷問を受ける羽目になる……という、なかなかアレな漫画でもある。
で……一言で書くと、すごくつまんなくなったなー。
絵柄が変わり過ぎて全く勇午らしくない(小暮とか誰だか普通にわからなかった)し、ストーリーや描写の見せ方の基本スタイルは今までとあまり変わらないものの、くどくなりすぎて頭に入ってこない。4巻で完結しそうだが、次のシリーズでは原点回帰を強く望む。