インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

浅野いにお『おざなり君』

おざなり君

おざなり君

俺は以前「浅野いにお」という漫画家について、以下のように書いていた。

ちょっとシュールで叙情性丸出しな、「かっこよくておしゃれな感じ」を作り上げましたという観点では、ある意味とてもわかりやすい青春漫画

この人の青春作品には、「俺わかってるよ」感がプンプンしたり、綺麗にまとめすぎたり

で、『おやすみプンプン』以降の浅野いにおを評せば、「わかりやすく前衛に憧れる傾向がある」とでも言おうか。
この漫画も、凄く実験的な本である。
なんだかなー。
とりあえず面白いとは思えなかった。