インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)

Amazonでリコメンドされたミステリ小説。かなり話題になった有名なミステリのようだが、ラスト近くで「そう来たか!」と驚かされるのは確か。けれど満足したかと問われると……どうだろう。個人的には、綾辻行人十角館の殺人』や殊能将之ハサミ男』の方が満足度は高かったなあ。
十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)  ハサミ男 (講談社文庫)