読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

インキュベ日記ベストセレクション2012

1年間の振り返りとして、2012年に読んだ本の中から特に印象深かったものを取り上げてみたい。
十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫) 天冥の標6 宿怨 PART1 (ハヤカワ文庫JA) 天冥の標6 宿怨 PART 2 (ハヤカワ文庫JA) パプリカ (新潮文庫) イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」 外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック 採用基準

綾辻行人『十角館の殺人』

『○○殺人事件!』といった典型的なミステリを読んだのは本書が初めてじゃないだろうか。意外にも面白くて、他にも何冊か有名どころを読んでいる次第だが、2013年は綾辻行人の本を集中的に読んでみようかな。

小川一水『天冥の標6 宿怨 PART1』『天冥の標6 宿怨 PART2』、筒井康隆『パプリカ』

小川一水と筒井康隆は集中的に読んでいるが、やはり安定して面白い。特に小川一水はもっとSFファン以外にも読まれて良いと思う。


安宅和人『イシューからはじめよ』、山口周『外資系コンサルのスライド作成術』、伊賀泰代『採用基準』

ビジネス書から。今年は特に忙しすぎて大著はほとんど読めなかったため、印象深かった本も気軽に読める3冊になった。