インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

東村アキコ『かくかくしかじか』1巻

かくかくしかじか 1

かくかくしかじか 1

主に泣いてます』などのモーニングで連載されたコメディ、ノンフィクション、少女漫画など、幅広く活動している漫画家。この人の漫画を(立ち読みを除いて)ちゃんと読んだのは初めてだが、何と言うか、もう凄く面白い!
少女漫画好きで自意識の強い(つまりアタマの中がお花畑な)女子高生に育った主人公・林明子が、竹刀を持ったエキセントリックな絵画教室のセンセイに罵られながら美大受験を目指す……というアウトライン。ノンフィクションをベースにしているようだが、いわゆるエッセイ漫画のような感じではなく、リリックでメランコリックな感じと(東村アキコらしい)ド直球な自虐ネタが併存していて、何とも言えない作風だが、とにかくレベルが高い。
2巻では美大合格後の金沢での美大生としての生活も描かれるようだが、早くも次巻が楽しみ。