インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

『機動警察パトレイバー ON TELEVISION BD-BOX 2』

ゆうきまさみ出渕裕高田明美伊藤和典押井守によるプロジェクトグループ「ヘッドギア」が中心となって80年代から90年代前半にかけて確信犯的に展開した、巨大メディアミックスプロジェクト。映像だけでも、初期OVAシリーズ→劇場版1『機動警察パトレイバー the Movie』→TVシリーズ→新OVAシリーズ→劇場版2『機動警察パトレイバー 2 the Movie』と続き、2002年には劇場版3『WXIII PATLABOR THE MOVIE3』と同時上映の『ミニパト』も公開されている。さらには漫画版・小説版・ゲーム版・テレホンサービス(電話をしたら聞けた模様)なども作られるなど、大規模なメディアミックスプロジェクトだったことがわかる。80年代にこれだけのメディアミックスプロジェクトを構想・実現できたことは、賞賛すべきであろう。
機動警察パトレイバー』シリーズは、ロボット技術を応用した歩行式の作業機械「レイバー」が実用化された10年後の近未来(といっても80年代から見た「近未来」なので90年代後半)を舞台とする、青春あり、涙あり、笑いあり、陰謀あり、ロボットあり……な、お腹いっぱいアニメーションである。設定についてはオープニングのナレーションがわかりやすいので、引用。

ハイパーテクノロジーの急速な発展と共に、あらゆる分野に進出した汎用人間型作業機械「レイバー」。しかし、それはレイバー犯罪と呼ばれる新たな社会的脅威をも生み出すことになった。警視庁は続発するレイバー犯罪に対抗すべく、本庁警備部内に特殊車輌二課を設立し、これに対抗した。通称「特車二課」、パトロール・レイバー中隊――「パトレイバー」の誕生である。

本作は、1年間ほど続いたTVシリーズの後半部分(半年間)が収録されたBlu-ray版である。DVDよりも明らかに綺麗になっており、ファン的にも大満足。TVシリーズの後半では、NY市警から研修のために派遣されていた香貫花クランシーがNYに帰り、漫画版のキャラクターであった熊耳武緒が来る。香貫花はアメリカ的価値観と過激な性格であったが、一転して熊耳は日本的な女性。そのコントラストが面白い。
最終回は、カタルシスには欠けるが、個人的には悪くないと思う。日常的で穏やかなエンディングも良いものです。ただし敵役のシャフト・エンタープライズグリフォンとの決着戦は、TVシリーズでは未解決。続く新OVAシリーズに残すこととなった。