インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

沙村広明『無限の住人』30巻

無限の住人(30) <完> (アフタヌーンKC)

無限の住人(30) <完> (アフタヌーンKC)

日本が誇るネオ時代劇も遂に最終巻。主人公が不死である、不死であるが故に体がなまって弱くなる、初っ端からラスボス級の敵が出て来る、美大出身のキャリアに裏打ちされた超絶美麗な一枚絵……などと、凡庸なジャンプ的インフレ格闘漫画とは一線を画していた。まさに傑作の名に相応しい漫画だったと言える。
ラストも、ちょっと衝撃的だった反面、やはり「そうなるしかない」ところに落ち着いた感じだなあ。様々な伏線や残されたエピソードにもケリがつき、清々しく大団円を迎えたような気がする。
今後はしばらく『ベアゲルター』という作品を中心に描いて行くようだが、さて、どうなるか。個人的にはまたアフタヌーンに戻ってきてほしいが。
ベアゲルター(1) (シリウスKC)