インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

荒木飛呂彦『ジョジョの奇妙な冒険Part8:ジョジョリオン』2巻

ジョジョリオン volume 1―ジョジョの奇妙な冒険part8 ようこそ杜王町へ (ジャンプコミックス) ジョジョリオン volume 2―ジョジョの奇妙な冒険part8 東方定助という名前 (ジャンプコミックス) ジョジョリオン volume 3―ジョジョの奇妙な冒険part8 その家系図 (ジャンプコミックス)
泣く子も黙るジョジョシリーズ第8部。
ジョジョリオンは「呪いを解く」物語とのことなので、1巻の感想で以下のように「呪いとは」「呪いを解くとは」を勝手に予想していたんだけど、今のところ呪いの正体は全然わからんなあ。主人公はまだ状況に翻弄されているだけである。

[予想1]

  • 呪いとは、第六部のプッチ神父によって引き起こされた一巡後の世界のこと
  • 呪いを解くとは、第一部から第六部の一巡前の世界に戻ること(多くのファンにとっても、これが最も祝福された状態では?)

[予想2]

  • 呪いとは、第四部の吉良吉影の呪わしい生(性)のこと
  • 呪いを解くとは、一巡後の世界で、第8部の吉良吉影が呪いを受け止め、贖罪すること
    • まだ1巻の段階では、主人公の名前が吉良吉影じゃないという可能性もあるが、まあ吉良吉影が関わることは確実そうなので、その場合は、第8部における吉良吉影も第4部と同じような呪われた所業を行っており、主人公たちがその呪われた所業を打ち砕くこと、になるかも?)

[予想3]

  • 呪いとは、主人公の4つの睾丸
  • 呪いを解くとは、主人公の睾丸の数が戻ること(あるいは、誰かの睾丸の数が元に戻る?)

まあ呪い云々は置いといて、東方大弥が可愛いっつーことは極めて重要。続きが楽しみだが、ジョジョリオンになってからどうも刊行ペースが遅い気がする。