インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

花野康成『道具としてのアカウンティング』

道具としてのアカウンティング

道具としてのアカウンティング

会計の入門書。
第1部「会計を使いこなすための基礎知識」では、基本(B/S、P/L、キャッシュフロー計算書など)を整理。第2部「財務分析のための会計」では、実数法・比率法・指数法などの分類を整理すると共に、収益性分析・安全性分析・キャッシュ・フロー分析などなどを紹介。第3部「経営のための会計」では、原価計算や予算・業績評価について整理。第1部、第2部、第3部の途中までは正直「ふーん」の世界だったが、第3部で部門別損益計算の方法や、社内売上と振替価格の方法について触れていたのは面白かった。いわゆるトランスファープライシング(TP)の話なのだが、初学者にもわかりやすいと思う。
また最後に第4部「企業価値評価のための会計」という章が載っていたのも面白かった。会計の入門書でリスク計測やバリュエーションのキホンが載っていること自体やや違和感があるけれど、インカム・アプローチ(継続的な事業収入を前提としたフローの企業価値を測定:DCF法や年買法など)、マーケット・アプローチ(株式市場での同業他社の取引価格を基礎にして企業価値を測定:類似会社比準法・類似取引法)、コスト・アプローチ(企業を即時清算したと仮定した清算価値つまりストックの企業価値を測定:時価純資産法)の整理およびアプローチごとの評価方法は、会計知識の応用と捉えれば初学者にも有益だと思う。