インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

石川雅之『もやしもん』12巻

もやしもん(12) (イブニングKC)

もやしもん(12) (イブニングKC)

もやしもん(1) (イブニングKC) もやしもん(2) (イブニングKC) もやしもん(3) (イブニングKC) もやしもん(4) (イブニングKC) もやしもん(5) (イブニングKC) もやしもん(6) (イブニングKC)
もやしもん(7) (イブニングKC) もやしもん(8) (イブニングKC) もやしもん(9) (イブニングKC) もやしもん(10) (イブニングKC) もやしもん(11) (イブニングKC) もやしもん(12) (イブニングKC)
「菌が肉眼で見える(しかもキャラとして見える)」という特殊能力を持った主人公が、農大に入って様々な経験を積むという物語。安定して面白いのだが、この漫画の特筆すべきところは、主人公が自分の特殊な能力をほとんど活かしていない点である。冷静に考えたら「菌が見えても活かすところは少ないよなあ」とか思ってしまうのだが、漫画的には……いや創作的には、こうした能力を活かす方向に話を組み立てるのが普通だと思う。しかし、そうしない。それどころか、周囲の大人や先輩たちは(下らない悪だくみに巻き込むことはあっても)主人公を普通の青年として扱い、菌の力を発揮させないようにしているとすら見える。ここが面白い。
飄々とした独特のノリなので、読み手は選ぶかもしれないが、名作。