インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

諌山創『進撃の巨人』4〜10巻

進撃の巨人(4) (講談社コミックス) 進撃の巨人(5) (講談社コミックス) 進撃の巨人(6) (講談社コミックス) 進撃の巨人(7) (講談社コミックス) 進撃の巨人(8) (講談社コミックス) 進撃の巨人(9) (講談社コミックス) 進撃の巨人(10) (講談社コミックス)
訳のわからない巨人に「餌」として消費されるようになった人類は、巨人が越えられない壁で街を囲い、自らを檻の中に閉じ込めて何とか100年間ほど平和を守ってきた。しかし巨人を超える「超巨大な巨人」が表れて壁を壊してしまったことで、100年間現実味のなかった「人類が餌として食われる」という現実が、急に人類に襲いかかる……という設定のファンタジー漫画。
1〜3巻に目を通した時は「まあまあ面白いけど習作的な色合いが強いかな」と思っていたが、久々に続きをウォッチしたところ、物凄く面白くなっていた。特に最近は「巨人」や「壁」の秘密がだんだん明らかになっていき、目が離せない。
進撃の巨人(1) (少年マガジンKC) 進撃の巨人(2) (講談社コミックス) 進撃の巨人(3) (講談社コミックス) 進撃の巨人(4) (講談社コミックス) 進撃の巨人(5) (講談社コミックス) 進撃の巨人(6) (講談社コミックス) 進撃の巨人(7) (講談社コミックス) 進撃の巨人(8) (講談社コミックス) 進撃の巨人(9) (講談社コミックス) 進撃の巨人(10) (講談社コミックス)
あと最近はアニメ化の影響でコミックスが物凄く売れているらしい。4月あたりに買おうとした時も、Amazonでの売り切れが続き、非常にストレスが溜まったほどである。何にせよ売れるのは良いことだ。