インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

遠藤浩輝『オールラウンダー廻』11巻

オールラウンダー廻(1) (イブニングKC) オールラウンダー廻(2) (イブニングKC) オールラウンダー廻(3) (イブニングKC) オールラウンダー廻(4) (イブニングKC) オールラウンダー廻(5) (イブニングKC) オールラウンダー廻(6) (イブニングKC)
オールラウンダー廻(7) (イブニングKC) オールラウンダー廻(8) (イブニングKC) オールラウンダー廻(9) (イブニングKC) オールラウンダー廻(10) (イブニングKC) オールラウンダー廻(11) (イブニングKC)
「人は一人では強くなれない」というキャッチコピーの格闘技漫画。打ち込めるものを探して「修斗」という総合格闘技に取り組むようになった普通の高校生である主人公(メグル)が、地味な練習をいっぱいして、色々と考えて、周囲の大人や仲間に支えられながら、少しずつ強くなっていく……というアウトラインで、超人や異能や必殺技とは無縁である。リアルで、地味で、だからこそ面白い。今イチバン面白い漫画のひとつである。
なお11巻ではメグルの大阪遠征が終わり、新章突入。過去の回想シーンは個人的に好きになれないが、今回のものは物語上外せないから、仕方ないかなあ。