インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

桜庭一樹『少年になり、本を買うのだ』

友人に借りた本。『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』などで知られる小説家による「読書日記」とのこと。読書日記と言っても厳密な書評パートは少なく、読書ライフを中心とした徒然日記という感じで、比較的すーっと読める。くだけた表現の雰囲気が女性作家っぽいなぁという印象を持ちながら読んでいたのだが、読了後にWikipediaで検索したら実際この人は女性だった。桜庭和志と名前が似ているのでマッチョな男を想像していたが、そういえば女性だと聞いた記憶があるような、ないような。