インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

粂田晃宏『不沈アタッカー』1〜2巻

不沈アタッカー(1) (ヤンマガKCスペシャル)

不沈アタッカー(1) (ヤンマガKCスペシャル)

不沈アタッカー(1) (ヤンマガKCスペシャル) 不沈アタッカー(2) (ヤンマガKCスペシャル)
正統派の高校男子バスケ漫画
中学時代から憧れたアタッカー“怪物”真木英至に憧れて静波高バレー部に入部した主人公の海野有気(通称・小真木)が、憧れの先輩と最初で最後の春校を共に闘うため、大口を叩いてレギュラーの座に挑戦する……というプロローグ。少年漫画らしく主人公は爆発的な潜在能力を持っているため、レギュラーにはなれなかったものの、準レギュラーとして試合には出してもらえるようになった、という感じだろうか。ヤンマガらしいというか、ハロルド作石っぽいというか、多少の癖はあるもなかなか整った絵柄である。話もストレートに面白くて、先が気になる。