インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

『月刊アフタヌーン』2013年10月号

立ち読みや漫画喫茶で済ませていた時期もあるけれど、何だかんだで15年くらいは読んでいる気がする。といっても実際に読んでいるのは半分くらいだと思うけどね。
最近面白いのは『マージナル・オペレーション』かな。ニート歴7年の30歳が社会復帰を目指して外資系軍事企業に出来心で入社する……というプロローグで、海外に連れて行かれてひたすら研修を受けている状態。その研修はリアルな戦術シミュレーションゲームゲームみたいなもので、画面みたいなものを前にして自分の担当ユニットに指示を出し、上手く行くと高得点になるというもの。ゲームオタクで記憶力も良い主人公はだんだんその「ゲーム」に適応して高得点を出すようになる。もちろんそれは「ゲーム」のつもりだったが……というところで、当初から予想できていた裏側の事情が主人公に暴露されたのが今月のお話。さあ来月からどうなるか。面白いなあ。
あと今月号から、原作:小原愼司+作画:トニーたけざきで『星のポン子と豆腐屋れい子』が始まったんだけど、こちらも面白い。父母姉弟の平均的な自営業の家族の下に言葉を喋れる地球外生物がやってくるというプロローグで、カラーページの明るい雰囲気とか、「何の変哲もない豆腐屋と、その子供達の大冒険絵巻!?」とかいうキャッチコピー、第一話のタイトル「こんにちはポン子ちゃん」というタイトルを見て、てっきりケロロ軍曹のらみみのような、ドラえもん等の居候漫画をベースにアレンジを加えたギャグ漫画 or ほのぼの漫画になるのでは……と思ったのが運の尽き。カラーページと全く違うダークな展開になって一気に引き込まれた。

余談

漫画雑誌を「manga」のカテゴリに入れるか「magazine」のカテゴリに入れるか迷うが、基本的に「book」や「manga」はコミックスや文庫を想定しているので、漫画雑誌は「magazine」扱いで。