インキュベ日記

書評3100冊・漫画評5500冊・DVD評500枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

学研『例文で覚える中学英単語・熟語1800』

例文で覚える中学英単語・熟語1800

例文で覚える中学英単語・熟語1800

中学生向けの英単語集なのだが、例文を使って単語学習だけでなく文法や構文も身につけてしまおうという、要は中学生向けのDUO3.0といったコンセプトの本。社会人の英語再学習の一発目として人気があるらしく、本屋に行くと(学参コーナーは言うまでもなく)社会人の英語参考書コーナーにもポップ付きで平積みされていた。Amazonでも凄く評判が良い。
通勤時間を利用して一通り最初から最後までグワーッとさらってみたが、和訳できない英単語は皆無と言って良い。扉部分に「英検3級受験を目的とした自学自習にも最適」と書かれているくらいなので、所詮はその程度のレベルである。『英語上達完全マップ』では、意味の理解できる英文を繰り返すことが重要と書かれていたが、さて、どうしよう。ここまで簡単なものを繰り返すことに果たしてどこまでの意味が有るのか?
しかし、例えば受動態や比較や関係代名詞が入った2行程度の英文をリスニングして意味を掴めるかと問われると、この程度の英単語でも中3くらいになると正直ちょっと怪しい。もちろん訳せるんだけど、リスニングしながら瞬間的に意味を取れる自身はない。中学校で習う単語や文法を駆使して瞬間的に英作文ができるかと問われると、絶対無理である。ここがまさに「わかる」と「使える」の溝なのかもしれないけど。迷うなあ。