インキュベ日記

書評3100冊・漫画評5700冊・DVD評500枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

石川雅之『もやしもん』13巻

もやしもん(13)<完> (モーニング KC)

もやしもん(13)<完> (モーニング KC)

もやしもん(1) (イブニングKC) もやしもん(2) (イブニングKC) もやしもん(3) (イブニングKC) もやしもん(4) (イブニングKC) もやしもん(5) (イブニングKC) もやしもん(6) (イブニングKC) もやしもん(7) (イブニングKC) もやしもん(8) (イブニングKC) もやしもん(9) (イブニングKC) もやしもん(10) (イブニングKC)
もやしもん(11) (イブニングKC) もやしもん(12) (イブニングKC) もやしもん(13)<完> (モーニング KC)
「菌が肉眼で見える(しかもキャラとして見える)」という特殊能力を持った主人公が、農大に入って様々な経験を積むという物語……なのだが、本巻で完結。作者としては、(大学4年間ではなく)主人公が大学1年生の頃の話を描こうと思っていたらしく、予定通りの完結のようだ。個人的には非常に残念だが、まあダラダラと続くよりはマシなのかな。
でも続編は出してほしいな。主人公が大学2年生の頃の話。