読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

『アマデウス』

video

アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray]

アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray]

アントニオ・サリエリの目から、ヴォルフガング・アマデウスモーツァルトという天才を描いた映画。
サリエリは、決して凡庸というほど無能ではないが、さりとて超天才たるモーツァルトと比較するのは酷であろう。そういう非天才の目から、超天才だが鼻持ちならないモーツァルトを描写している。
これは中学生の頃に音楽の授業で初めて観たのだが、観る前は「めんどくせえ」としか思わなかったし、特に真剣に観たわけでもなかったので、観た後も「何か怖い」という感想しか持てなかった。しかし、その「怖い」という感想は、今にして思うとガキながら的を射た感想であった。大人になった今、改めて観ると、才能というものの恐ろしさがビンビン伝わってくる。