読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

インキュベ日記ベストセレクション2015

books年間ベスト

火星の人 (ハヤカワ文庫SF) あなたのための物語 (ハヤカワ文庫JA) [映]アムリタ (メディアワークス文庫 の 1-1) 誰に見しょとて (Jコレクション) Yコンビネーター シリコンバレー最強のスタートアップ養成スクール リーン・スタートアップ 3000億円の事業を生み出す「ビジネスプロデュース」戦略 しんがり 山一證券最後の12人 (講談社+α文庫) ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学 職業は武装解除 (朝日文庫)
ヒューマン  なぜヒトは人間になれたのか 多数決を疑う――社会的選択理論とは何か (岩波新書) 代議制民主主義 - 「民意」と「政治家」を問い直す (中公新書) タブーの正体!: マスコミが「あのこと」に触れない理由 (ちくま新書) 自分を変える習慣力 (ビジネスライフ)

1年間の振り返りとして、2015年に読んだ本の中から特に印象深かったものを取り上げてみたい。例年だいたい10冊前後を取り上げているが、今年は16冊+次点11冊。仕事しか思い出せないような忙しい1年だったが、意外にも良書とたくさん出会えた1年だったな。

アンディ・ウィアー『火星の人』

今年イチバン面白かった本……は、迷ったが『火星の人』かな。とにかく描写が具体的で、ハリウッドを生んだアメリカらしいスタイルの小説だなと思ったが、アメリカでは信じられないほどバカ売れして早くも映画化(邦題は『オデッセイ』)が進んでいる。監督はリドリー・スコット、主演はマット・デイモンで、小説版だけでなく映画版の前評判も上場なので、かなりブレイクするだろう。その意味では、あえて取り上げるには少々ベタかもしれない。しかし日本ではSF小説はマイナージャンルだし、読んでいない人も多いのではないかな。
incubator.hatenablog.com

長谷敏司『あなたのための物語』、野崎まど『[映]アムリタ』、菅浩江『誰に見しょとて』

『火星の人』がベタ過ぎるという方には、長谷敏司『あなたのための物語』、野崎まど『[映]アムリタ』、菅浩江『誰に見しょとて』あたりを推薦しておきたい。どれもSF小説の傑作である。
incubator.hatenablog.com
incubator.hatenablog.com
incubator.hatenablog.com

ランダル・ストロス『Yコンビネーター シリコンバレー最強のスタートアップ養成スクール』、エリック・リース『リーン・スタートアップ』、三宅孝之+島崎崇『3000億円の事業を生み出す「ビジネスプロデュース」戦略』

事業のスタートアップという観点から3冊。この3冊は超良書。これから何度も読み返したい。
incubator.hatenablog.com
incubator.hatenablog.com
incubator.hatenablog.com

清武英利『しんがり 山一證券最後の12人』

一方、今度は事業の撤退という観点から。清武さんはジャーナリストこそ天職やな。巨人と関わる必要なんてなかった。
incubator.hatenablog.com

入山章栄『ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学』

文字通り、世界最先端の経営学の知見を一般向けに紹介する本。似たり寄ったりなMBAの教科書とは違い、新鮮な知的興奮を味わえる。
incubator.hatenablog.com

瀬谷ルミ子『職業は武装解除』

ここからはノンフィクション。伊勢崎賢治『武装解除』を読んで以来、DDRというプロセスには多大なる関心があるし、DDRに従事している人を尊敬している。いつかDDRが飯の種にならない時代が来ると良いのだが。
incubator.hatenablog.com

NHKスペシャル取材班『ヒューマン なぜヒトは人間になれたのか』

こういう本を読むと、NHKの底力に驚嘆する。下らない料金徴収システムを止めて、さっさと全国民の義務で徴収するか、有料放送化するか、どちらかに舵を切ってほしいよなあ。
incubator.hatenablog.com

中室牧子『「学力」の経済学』

教育経済学という学問領域を幅広く紹介した本。学校の先生、教育評論家、子育て専門家、はたまた塾に通わせずに子供を東大に合格させました的なおばさんの一家言……これらは全て「あなたの経験に過ぎないですよね?」と思っていたので、こういうしっかりとした調査データは非常に有り難い。凄く良い本。
incubator.hatenablog.com

坂井豊貴『多数決を疑う 社会的選択理論とは何か』、待鳥聡史『代議制民主主義 「民意」と「政治家」を問い直す』、川端幹人『タブーの正体! マスコミが「あのこと」に触れない理由』

社会・政治から3冊。
incubator.hatenablog.com
incubator.hatenablog.com
incubator.hatenablog.com

三浦将『自分を変える習慣力』

自己啓発書。「読んで終わり」ではなく、うまく実践したいなあ。
incubator.hatenablog.com

次点:真山仁『レッドゾーン』『ハゲタカ4 グリード』『ハゲタカ外伝 スパイラル』、ダン・シロカー+ピート・クーメン『部長、その勘はズレてます! 「A/Bテスト」最強のウェブマーケティングツールで会社の意思決定が変わる』、羽生章洋『はじめよう! 要件定義』、村上春樹・安西水丸『「ひとつ、村上さんでやってみるか」と世間の人々が村上春樹にとりあえずぶっつける490の質問に果たして村上さんはちゃんと答えられるのか?』、村上春樹『村上さんのところ』『職業としての小説家』『ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 電子特別版』

こちらは次点。例年ならベストセレクションに含めても良かったんだけど、今年は数が多いので、まとめて紹介。
incubator.hatenablog.com
incubator.hatenablog.com
incubator.hatenablog.com
incubator.hatenablog.com
incubator.hatenablog.com
incubator.hatenablog.com
incubator.hatenablog.com
incubator.hatenablog.com
incubator.hatenablog.com
incubator.hatenablog.com
incubator.hatenablog.com