インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

鈴木康司『アジアにおける現地スタッフの採用・評価・処遇』

アジアにおける現地スタッフの採用・評価・処遇

アジアにおける現地スタッフの採用・評価・処遇

グローバル人事制度のプロジェクトをやりたいと思って5年ほど前に購入した本。実際に携わってから読もうと思っていたが、今のところグローバル人事制度のプロジェクトに関われる見込みがないため、とりあえず先に通読してしまうことにした。

感想としては、非常にわかりやすい。グローバル人事制度というよりは人事制度そのものに対する解説も多く、必ずしも日本における人事プロジェクトに精通していなくとも理解できるのではないだろうか。ただし、その分、分量はやや分厚い。アジアに特化した解説はそこまで多くないような気がする。