インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

志賀直哉『小僧の神様・城の崎にて』

小僧の神様・城の崎にて (新潮文庫)

小僧の神様・城の崎にて (新潮文庫)

志賀直哉の短編集。

志賀直哉の小説を手に取ったのはほとんど初めてと言って良いぐらいだが、けっこう読みやすいな。昔の文豪の本はどうしても今と言葉遣いが違うから読みづらいものだが、さすが短編小説のお手本とされるだけはある。

内容的には、正直グッと来たものもあれば適当に読み飛ばしたものもあるが、教科書や入試問題でもよく出てくる『城の崎にて』はやはり良かった。何気ない行動や情景から生と死を静かに考える様が良い。教科書で「お勉強」として読まされていたときは何も感じなかったんだけどねえ。