読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

ドナルド・マケイン+デボラ・デイビス・トビー『ラーニング・ファシリテーションの基本 参加者中心の学びを支援する理論と実践』

book

ラーニング・ファシリテーションの基本 ?参加者中心の学びを支援する理論と実践? (ATD/ASTDグローバルベーシックシリーズ)

ラーニング・ファシリテーションの基本 ?参加者中心の学びを支援する理論と実践? (ATD/ASTDグローバルベーシックシリーズ)

  • 作者: ドナルド・マケイン/デボラ・デイビス・トビー,香取一昭
  • 出版社/メーカー: ヒューマンバリュー
  • 発売日: 2015/06/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
ASTDグローバルベーシックシリーズ(現在はATDグローバルベーシックシリーズ)。

ラーニングファシリテーションというのは新しい用語だが、要は企業内学習を「知っている人が知らない人に教える」という上意下達的な発想から「参加者中心に学ぶ」というよりフラットな形に変えましょうという発想である。企業における学びの潮流からは何ら外れていない。この手の学びは、考え方も手法も色々なところで語られているので、あえて本書を手に取る必要があるかという疑問はあるが、一冊で綺麗にまとまっているのは良いと思う。