インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

前野ウルド浩太郎『バッタを倒しにアフリカへ』

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

先日購入した『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』を買ったら、これまたリコメンドされたので購入。アフリカにおけるバッタの異常発生は、それこそ人類の命に関わる大問題なのだが、アフリカは厳しい気象条件・治安情勢の土地であることもああって、現地でバッタの研究をしている人はあまり多くない。しかし著者は、デリケートなポスドク問題の最中、あえてアフリカでバッタの研究を見出すことで、自分の研究者キャリアにも世界のバッタ被害にも活路を見出そうとしている。いわば逆張り精神だね。

バッタの話が文句なしに圧倒的な面白さなのに対して、ポスドクの問題はやや卑近な話題である。しかしポスドク問題があればこそ著者もここまでリスクテイクしてアフリカでバッタ問題に取り組んだわけだし、その辺は難しいなあと思った。