インキュベ日記

書評3100冊・漫画評5700冊・DVD評500枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

米澤穂信『いまさら翼といわれても』

いまさら翼といわれても【電子特典付き】 「古典部」シリーズ (角川書店単行本)

いまさら翼といわれても【電子特典付き】 「古典部」シリーズ (角川書店単行本)

日常の謎×安楽椅子な青春ミステリである「古典部」シリーズ第六弾。

第五弾からかなり時間が経ってしまっており、正直もう続かないのかなと思っていたのだが、何とか続いている。今回は短編集なので全体的な印象は言いづらいのだが、やはり白眉は表題作「いまさら翼といわれても」だ。これは古典部の位置づけや、千反田えるのパーソナリティを揺るがしかねないエピソードであり、今後どう持っていくか非常に気になる。

いや、作品に倣うなら「わたし、気になります。」だな。