インキュベ日記

書評2800冊・漫画評4400冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

菊池寛『応仁の乱』

応仁の乱

応仁の乱

久々の青空文庫。

歴史小説かと思ったが、歴史叙事詩というか歴史ドキュメンタリーというか、そんな感じ。要はもっと淡々としている。でも「応仁の乱」は長く続いたことと社会がメタメタに荒廃したことぐらいしか知らなかったから、その意味ではなかなか興味深く読むことができた。