インキュベ日記

書評2800冊・漫画評4400冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

堀栄三『情報なき国家の悲劇』

情報なき国家の悲劇 大本営参謀の情報戦記 (文春文庫)

情報なき国家の悲劇 大本営参謀の情報戦記 (文春文庫)

すごく簡単に言うと、情報を軽視して精神論で戦った結果、日本軍は第二次世界大戦で負けてしまったという内容。

零戦での特攻みたいなことをしたり(人命が確実に喪われるし、そもそも本当に戦術として脅威たり得たのは最初だけだったと聞く)、明らかに国力で負けているアメリカに戦いを挑んだりと、そりゃあ冷静な判断ができていないのだから情報も軽視していただろうなというのは誰でもわかっている。しかし改めて読むと、なかなか刺さるというか。かなり昔の本だが、未だに売れているようで、Amazonでもかなりのレビューがついている。