インキュベ日記

書評3100冊・漫画評5500冊・DVD評500枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

神坂一『スレイヤーズ 3. サイラーグの妖魔』

スレイヤーズ3 サイラーグの妖魔(新装版) スレイヤーズ (新装版) (富士見ファンタジア文庫)

スレイヤーズ3 サイラーグの妖魔(新装版) スレイヤーズ (新装版) (富士見ファンタジア文庫)

2000万部を超える売上を誇りありとあらゆるメディアミックスを成し遂げた「ライトノベルの金字塔」もしくは「ライトノベルの古典」と言うべき小説シリーズ。いわゆる剣と魔法の世界を舞台としたファンタジー作品の中では、日本で最も有名な作品のひとつである。

さて、第3巻。2巻で出てきた赤法師レゾの余波というか何というか。個人的にはスレイヤーズの中でもけっこう好きな話かな。

ちなみに、敵役のことは全く覚えていなかったが、サイラーグという街のことは覚えていた。

日立のCM(この木なんの木気になる…)の超巨大バージョンというイメージ。

何のことかわからない?

スレイヤーズを読んでください。

そして日立のCMを観てください。

www.youtube.com