インキュベ日記

書評2800冊・漫画評4400冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

佐藤優『先生と私』

先生と私 (幻冬舎文庫)

先生と私 (幻冬舎文庫)

著者が生まれてから高校に入学するまでにどのような人生を送ったかを描いた自伝ノンフィクションである。今の体躯や目つきからは想像もつかないが、幼いころの著者は、どうやら病弱というか繊細なところがあったようだ。しかし中学に入った頃ぐらいからは文学や歴史・哲学・現代思想などをガツガツ読み漁っている。正直、中学生の知的レベルというか教養レベルという点では、今の中学生ではこの時代の人々に全く敵わないだろう。

なんというか、瑞々しさというか、知的なものへの純粋な憧れのようなものがあって、正直ちょっと羨ましくなる。仕事で学んでいるのとは違うよね。