インキュベ日記

書評3100冊・漫画評5500冊・DVD評500枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

窪田千貫『要員計画の立て方と総額人件費管理』

要員計画の立て方と総額人件費管理―余剰人員か人手不足か

要員計画の立て方と総額人件費管理―余剰人員か人手不足か

この窪田千貫という人は、類書の少ない経営管理テーマをごりっと深掘りした本を書く人だという印象。正直ちょっと難解というか、実務をやっていないとわからない記述も多いのだが、これまでも「価格戦略」「損益分岐点戦略」「人件費支払限度(いわゆる適性人件費)」「適正な原価の見積もり方」などをテーマに本を出している。

最近、要員計画や総額人件費管理をテーマに本を読み散らかしており、本書もわたしの興味・関心的にはピンポイントで合致している……はず、なのだが、どうもピンと来ない。なぜ直間比率は9:1なのか?