インキュベ日記

書評3100冊・漫画評6000冊・DVD評600枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

たっく『必要十分生活(書籍版)』

必要十分生活~少ないモノで気分爽快に生きるコツ~

必要十分生活~少ないモノで気分爽快に生きるコツ~

しばらく前、同じ著者の同じ本を読んだのだが、そちらは電子書籍で(おそらく自費出版のような形で)出版されたプロトタイプ版。

incubator.hatenablog.com

こっちは出版社によって書籍として出版されたものの、電子書籍版である。ややこしいが、こっちが商業ベースの本であるということだ。

さて、以前読んだプロトタイプ版はコンパクトながら非常によくまとまって参考になった。いや、正確に言うと、読んだ直後は「風呂上がりに浴室の床と壁を、自分の体を拭いたタオルで拭き上げる」ぐらいしか実践できていなかった。しかもだんだん毎日はやらなくなっていた。しかしながら、思うところあって結局何度も読み返した結果、今は「下着を3セットにする」とか、「毎日仕事ができる全アイテムをリスト化して家でも会社でも同じものを使う」とか、洗面台やキッチンは毎日拭き上げ掃除をしてきれいな状態を保つ」とか「机の上のものは毎日片付ける」など、本書の内容を自分に取り入れるものが少しずつ増えてきた。そのため、プロトタイプ版ではなく書籍版も読んでみたくなった……というのが、本書購入の経緯である。

しかしいざ読んでみると、正直、プロトタイプ版と書籍版の違いがほとんどわからない。Kindleによればボリュームが少し増えたようだが、いかんせん「少し」のレベルである。

本気で、何が変わったんだろう?

Kindleでの読みやすさに絞って言うと、書籍版は目次が粗く、実はプロトタイプ版の方が使いやすい。

買った意味あったかなあ。

まあお布施のようなものと捉えて、自分を慰めるしかないかな。