読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

『実況パワフルプロ野球2014』

実況パワフルプロ野球2014

実況パワフルプロ野球2014

高校ぐらいの頃によく遊んだ「パワプロ」も、発売後20周年らしい。20周年ということで集大成的に色々と盛りだくさんのソフトを作ったそうなのと、広島も2年連続Aクラスで久々にペナントをやってみたいということで、購入。さすがに完成度が高く、散々遊んでしまった。
「栄冠ナイン」は、高校野球の監督になって、選手を育て上げるというシミュレーションで、日々の進行はボードゲームチックな感じ。自分でプレイはしないのだが、育成や采配は自分でやれる。初めてプレイするのだが、散々ハマってしまった。しかし20年ぐらいやったけど甲子園優勝は無理だった。
次に、古くからのファンにもお馴染みの「サクセス」は、昔よりはかなり難易度が下がっており、問答無用で怪我をしたり、ダイジョーブ博士に拉致されて手術に失敗するということはなくなった。当時はその無理矢理展開に随分と腹を立てたものだが、普通にプレイして普通にプロ入りできるというのも、良いような悪いような。
「ペナント」も数年やったが、これも素晴らしい。ただただ140試合をプレイする20年前とは違い、選手の成長や覚醒、FA、トレード、コーチの交代、引退、ドラフト、メジャー挑戦、海外留学、怪我(全治1年半近くの大怪我もある!)などなど、変化の要素が色々と詰まっている。なお私の場合、1年目のオフに鳥谷が巨人入り、坂本がメジャー挑戦、黒田が日本球界復帰、山本昌が引退、辛いさん(注・新井)も阪神を退団しないという、史実と全く違う展開を見せております。
余談ついでに語ると、私は大の広島ファンなので当然広島を選んだのだが、ペナント開始直後に栗原とキラを阪神にトレード移籍(さすが阪神らしいというべきか、広島の選手なので一も二もなく阪神はトレードを了承してくれた)、その他も1年目で丸が首位打者と最多安打、エルドレッドが最終試合で61本目の本塁打、菊池が大爆発してベストナインもゴールデンクラブもヤクルト山田に負けない、會澤が大ブレイクして3割5分を超える打率(まあ會澤は実際けっこうブレイクしたと広島ファン的には思っているけど)、オフは当然4億円×2年の超大型契約で黒田を迎え入れるなど、妄想にしても恥ずかしいレベルの展開を繰り広げて一人ニンマリしておりました。
パワプロ最高だね!
あとは来年も買いたくなるぐらい、来年も広島が活躍してくれるだけだな。