読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

『月刊アフタヌーン』2015年10月号

magazine

アフタヌーン 2015年10月号 [2015年8月25日発売] [雑誌]

アフタヌーン 2015年10月号 [2015年8月25日発売] [雑誌]

  • 作者: アフタヌーン編集部,安彦良和,芝村裕吏,キムラダイスケ,岩明均,藤島康介,草水敏,恵三朗,ひぐちアサ,真島ヒロ,三都慎司,北道正幸,高橋ツトム,弐瓶勉,ヤマシタトモコ,木尾士目,珈琲,沙村広明,カラスヤサトシ,ほづみりや,幸村誠,瀧波ユカリ,高松美咲,冲方丁,槇えびし,市川春子,榎本俊二,五十嵐大介,inono,篠房六郎,木村紺,西尾維新,チョモラン,西本英雄,真刈信二,雨松,清家雪子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/08/25
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
今月はKindleでアフタを買ってみたが、思っていたよりも快適だ。私はKindle voyageで読むため雑誌よりも判型が小さくなるのだが、コミックスと同等の大きさだと考えれば気になるほどではない。何より、持ち帰る手間や捨てる手間がないのが良い。来月からはKindle版かな。

2015年四季賞を受賞した三都慎司「アレグロ」は凄い。クオリティもなかなか高いと思うのだが、それよりもアフタヌーンの四季賞にはこんな作品が求められているんだよというお手本のような作品だということに驚いた。巧さよりも描き手の意志の強さが求められるざらついた絵柄(もちろん萌え要素はゼロだ)、過去のトラウマ、現実の厳しさ、そしてハッピーエンドとはいえないまでも鮮烈さのあるラスト。ページ数以上の深い余韻で、実にアフタヌーンらしい作品。豊田徹也『アンダーカレント』を思い出した。

アンダーカレント  アフタヌーンKCDX

アンダーカレント アフタヌーンKCDX