インキュベ日記

書評3100冊・漫画評5700冊・DVD評500枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

三浦建太郎『ベルセルク』15〜21巻

ベルセルク コミック 1-37巻セット (ジェッツコミックス)

ベルセルク コミック 1-37巻セット (ジェッツコミックス)

ベルセルク (20) (Jets comics (808))

ベルセルク (20) (Jets comics (808))

ベルセルク (15) (Jets comics (675)) ベルセルク (16) (Jets comics (701)) ベルセルク (17) (Jets comics (726)) ベルセルク (18) (Jets comics (752)) ベルセルク (19) (Jets comics (780)) ベルセルク (20) (Jets comics (808)) ベルセルク (21) (Jets comics (839))
「黄金時代」を経て、14巻の途中より、序章終了後の時系列から「断罪篇」の物語が始まる。

  • 黒い剣士(1〜3巻)
  • 黄金時代(3〜14巻)
  • 断罪篇(14〜21巻)←NOW!!
    • ロスト・チルドレンの章
    • 縛鎖の章
    • 聖誕祭の章
  • 千年帝国の鷹(ミレニアム・ファルコン)篇(22〜35巻)
    • 聖魔戦記の章
    • 鷹都(ファルコニア)の章
  • 幻造世界(ファンタジア)篇(35巻〜)
    • 妖精島の章

断罪篇は「ロスト・チルドレンの章」「縛鎖の章」「生誕祭の章」という、どれも非常にバランスが取れた物語である。「ロスト・チルドレンの章」と「縛鎖の章」は、とにかく復讐に燃えるガッツの描写がただただ凄いんだが、「生誕祭の章」になると登場人物が重層的になり、またモズクズという敵役のキャラが立ちまくって、とにかく楽しめる。