インキュベ日記

書評3100冊・漫画評5500冊・DVD評500枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

たかみち『百万畳ラビリンス』(上)

百万畳ラビリンス  上巻 (ヤングキングコミックス)

百万畳ラビリンス 上巻 (ヤングキングコミックス)

ゲーム会社でバグ探しのアルバイトをしていた礼香が、気がつくとルームメイトの庸子と共に木造迷路に迷い込む。周囲を探検すると、どうやら通常の物理法則を無視した異世界で、戻り方がよくわからない……というプロローグ。要はいきなり別世界にブッ飛ばされるという異世界SF漫画なのだが、戻り方がわからない上、どうやら死ぬ危険もあるとのことで、(残虐シーンはないが)デス・ゲームの要素もある。

なおデス・ゲームというのは『CUBE』や『SAW』というB級映画が(強制参加という点で)象徴的だが、他にも形を変えたデス・ゲーム的な作品は数多く作られている。