インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

稲光伸二『性食鬼』1巻

性食鬼 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

性食鬼 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)

稲光伸二のことを最初に知ったのは、今はなきIKKIというコミックスである。当時は『フランケンシュタイナー』という漫画が連載されており、内容はもうほとんど覚えていない。だがよほど印象深かったらしく、「絵力は凄いが話が突飛すぎてついていけない漫画家」として強烈に記憶されており、その後、稲光伸二の名前はちょいちょい見かけるものの、一度も手に取ったことはなかった。

最新作である本作『性食鬼』についても、ずっと前からチェックだけはしており、「おバカなSF」というけっこう好みのジャンルであることも知っていたのだが、どうも『フランケンシュタイナー』の頃の印象が頭から抜けず、今頃になってやっと手に取った次第。

で、いざ手に取ってみると、絵柄は当時感じた「絵力」というような癖の強い感じではなく、ごく普通に巧かった。そしてストーリーや設定については、もう突飛とかそういうレベルではなく、とにかく馬鹿馬鹿しさが清々しい。そして無駄にエロいっつか、エロいことそれ自体が作品のテーマになっている。おそるおそる1巻だけ買ってみたのだが、これは面白いなあ。続きも読もう。