インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

平野耕太『HELLSING』7〜10巻

HELLSING 全10巻 完結セット (ヤングキングコミックス)

HELLSING 全10巻 完結セット (ヤングキングコミックス)

武闘派なキリスト教徒に、吸血鬼に、ナチと、中世以降のヨーロッパの「暴力」がリアル・ファンタジー含めてごった煮で登場するカルト漫画。ストーリーはとにかく暴力狂が徹底して殺し合うだけという風にしか見えないが、Wikipediaを読んでも「やっぱりそうだ」という感じ。まあこれはストーリーを楽しむというよりは、とにかくイカレた人間たちの狂乱そのものを楽しむ漫画という感じ。『ベルセルク』でいう蝕を延々と繰り広げているようなものだな。

読み手は選ぶだろうが、画力や台詞回しの面白さも手伝って、わたしとしてはなかなか楽しめた。