インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

大武政夫『ヒナまつり』11巻

ヒナまつり 11<ヒナまつり> (ビームコミックス(ハルタ))

ヒナまつり 11<ヒナまつり> (ビームコミックス(ハルタ))

超能力(念動力)を持った少女がヤクザである主人公・新田のもとに居候するギャグ漫画。途中から超能力とか結構どうでも良くなっているのだが、時々思い出したように「こいつ宇宙人では?」というようなネタをブッ込んできて、また「日常」に回収されるという、独特のユルい構造を持っている。

1巻から10巻まで一気読みしたので、何となく「一気読みが故の熱狂で、実はほどほどの漫画なんじゃないか」とマイブームが低下していたのだが、とんでもない。読み直したら、やはり圧倒的な面白パワーがある。