インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

遠藤浩輝『ソフトメタルヴァンパイア』1巻

ソフトメタルヴァンパイア(1) (アフタヌーンコミックス)

ソフトメタルヴァンパイア(1) (アフタヌーンコミックス)

人間ではなくて吸血族(吸血鬼みたいなもんですね)が支配する世の中で、人間として生きている主人公・ミイカだが、実は「元素使い」であることが判明、しかも吸血族への決定的なカウンターとなる「銀」の元素を操れるということで、吸血族や、吸血族に対抗するレジスタンスとの争いに巻き込まれていく……といった世界観&プロローグ。

気になるのは「あえて」感の結構ある演出だ。あえてベタな設定にするとか、あえてベタな会話をさせる、あえてベタなシチュエーションに主人公を追い込んでみる……みたいなのが結構多く、こういう手法に抵抗がなければ楽しめるのではないか。

しかし『オールラウンダー廻』のあと、こういうので来たかー。