読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

小路啓之『メタラブ』2〜3巻

相手の心を読める(正確に言うと相手の望みが文字としてわかってしまう)主人公(男)と、わかりやすすぎるぐらい自分の気持ちがダダ漏れな現彼女、そして例外的に主人公が心を読むことができないミステリアスな女性……という三角関係の漫画なのかなと思ったが、2巻からは結構ドッタンバッタンな迷走を続け、3巻で唐突気味に完結。

なんじゃそりゃ。

打ち切りだったら同情するが、これが予定通りなら、(設定作りの上手さの割に)お話作りが下手だとしか言いようがない。