インキュベ日記

書評2700冊・漫画評4000冊・DVD評400枚の「質より量」な記録サイト(稀に質も重視)

樫木祐人『ハクメイとミコチ』5巻

ハクメイとミコチ 5巻<ハクメイとミコチ> (ビームコミックス(ハルタ))

ハクメイとミコチ 5巻<ハクメイとミコチ> (ビームコミックス(ハルタ))

ハクメイとミコチは、いわゆる小人である(身長9センチメートルらしい)。せいぜい昆虫やネズミ程度の小動物と同じぐらいの大きさで、森に住んでいる。中世の人間と同じぐらいの技術力があり、魔法等の特段の能力は持たないが、他の昆虫や動物と話すことは出来る……という設定。

何というんだろう。

とにかくほのぼの系。

面白くて最近何度も何度も読み返しているなあ。